• HOME
  • 会社案内
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • リンクについて
  • サイトマップ
  • カートの中身を見る


HOME > ダンボール豆知識 > ダンボールの基礎知識

ダンボールの基礎知識

以下でダンボールの基礎知識をご覧いただけます。

ダンボールを製造販売するイクソブは、いわばダンボールのプロ。もちろん、ダンボールに関する知識も豊富です。こちらでは、皆様があまりご存知でない雑学的な内容から実用的なものまで、ダンボールの基礎知識をご紹介します。

ダンボールの歴史

ダンボールは1856年にイギリスで、シルクハットの通風用、汗取り用として使用されたことが発祥とされています。現在のようなダンボールは1800年代の末アメリカで考案されました。日本で、ボール紙に多くの段をつけることに成功したのは1909年のこと。製造者である井上貞治郎氏によって「ダン(段)ボール」と命名され、商品として売り出されました。そして、戦後の高度成長後、ダンボールの需要は目覚ましい勢いで拡大し、それまでの木箱に替わって物流保護ケースの主流となりました。

ダンボールについて

ダンボールの種類

ダンボールは、中芯とライナーの組み合わせによってできており、構造上、一般的には3種類に分類されます。

片面ダンボール
片面ダンボール 中芯の片面にライナーを貼り合わせたもの。
両面ダンボール
両面ダンボール 中芯の両面にライナーを貼り合わせたもので、最も一般的。
複両面ダンボール
複両面ダンボール 両面ダンボールの片側に、片面ダンボールの中芯を貼り合わせたもの。

中芯・ライナー

中芯

ダンボール内部にある波型の紙のことで、 衝撃の吸収と、圧力に対する強度を高める役割をしています。

ライナー

中芯の両面、もしくは片面に貼り付けられている紙のことをライナーといいます。


 

フルートの種類

「フルート」とは、ダンボールの波型部を構成する段の高さのことで、色々な種類がありますが、主なものは下記の4種類になります。

5mmAフルート
5mm Aフルート 一般的によく利用されるダンボールはこの厚さです。
3mmBフルート
3mm Bフルート 強度・厚さともに、中間ぐらいの位置づけになります。

8mmWフルート(ABフルート)
8mm Wフルート(ABフルート) 5層構造で強度も高く、5mmタイプの1.5倍程度。
1.5mmEフルート
1.5mm Eフルート かなり薄めのダンボールで、ギフトボックスなどがこのタイプ。

ライナーの種類

ライナーの紙質のランクは以下の5種類で、硬さの表現としてD4〜K7まであります。総体的にはKライナーが多く使われており、一般の配送用には、このランクのもので十分と言えます。

  1. D4ほとんどの場合、中芯用紙を使用
  2. C5再生紙含有率が高い平米170gのCライナー用紙
  3. K5C5よりも古紙の少ないKライナーで、平米180gの用紙
  4. K6Kライナーで、平米220gの用紙
  5. K7Kライナーで、平米280gの用紙

Cライナー…再生紙を多く含んだ(90%以上)ライナー。強度的にはKライナーより劣りますが、価格的に安価で内装箱に多く使われています。1m2当りの重さ160gが一般的です。
Kライナー…強度的にも優れており、幅広い分野で使用されています。1m2当たりの重さが180g・220g・280gの3種類あります。

ダンボール豆知識

Xobショップ イクソブ株式会社 大阪事業部 〒538-0054 大阪市鶴見区緑2-9-1 Tel:06-6911-1333

PAGE TOP

ダンボールの急なご入用・ご用命はXobショップ お気軽にお問い合わせください Tel:06-6911-1333 インターネットからのお問い合わせはこちら